iphoneのアプリ開発は専門業者に依頼しよう

プログラミング初心者へ

スマホ

最初に必要なこと

iphoneでアプリ開発を行う場合は主にMacのパソコンとXCodeというソフトが必要になります。なぜMacが必要かというとiphoneのOSであるiOSはApple社の製品であり、同社の製品であるMacのパソコンと組み合わせることが容易だからです。XCodeとはwindowsでいうVisualStudioの位置づけにある開発ソフトです。iphoneのアプリ開発に主に使われるプログラム言語はSwiftが使用されます。Swiftによるアプリ開発では、まずiphoneに表示される画面を設計します。開発したいアプリで何がしたいかを明確に考えておかないとアプリ開発するのが難しくなります。なので、まず画面を作成する場合は見易さを重要視しましょう。Swiftでのアプリ開発は、画面にコンポーネント(テキストやボタンなどの部品)を配置しコンポーネントの動作をコーディングする、を繰り返します。基本的にプログラムというのは開発者が1から10までの動作指示を与えることで動きます。例えば動作した結果を表示するテキストを配置した場合、アプリが起動した時または画面が切り替わった時等に初期化をしてあげないと前回の結果や不定な値が表示されます。他にも不定な値が入ったままの状態で計算を行うと本来想定した値にならず誤動作をするといった問題も発生することがあります。もしアプリを有料で販売する場合は、使用者が使っている時に不具合が発生した場合のサポートも考える必要があります。このようにアプリ開発は予備知識が必要になります。アプリ開発の初心者であれば、専門業者に依頼することも1つの手段です。近年は、沢山の専門業者が存在するので、その中から、アフターサービスが充実している業者を選択するようにしましょう。